性病を放置したら?性感染症は自然治癒する?性病感染予防4つの方法

性病を放置したら?自然治癒する?

性病 放置

性感染症の症状はその原因により自覚症状がない場合があります。

また、ほかの病気に似た症状が出ることもありますが、自分が性病であれば相手に感染させる可能性がありますし、放置すれば病気は進行し重症化します。

性感染症の治療には抗生剤を使用することが多く、放置しても自然に治癒することはありません。

クラミジアを放置すると…

クラミジア感染を放置し重篤になると 男性は男性不妊症、女性は不妊症や子宮外妊娠の怖れがあります。

放置しておいて自然治癒するということはほとんどありませんので、重篤にならないうちに早めに医療機関で治療しましょう。

クラミジアとは?症状は?クラミジア感染を放置していたらどうなる?
女性がクラミジアを治療せずに放置すると不妊症や子宮外妊娠、男性は男性不妊症につながる危険性があります。またクラミジアを放置しているとHIVの感染率が数倍にもなると言われています。自覚症状がある方は自然治癒を期待して放置せず治療しましょう。

淋菌(淋病)を放置すると…

男性は淋菌感染すると痛みを伴うことが多いですが、たまに無症状の男性もいます。

男性が淋菌感染をそのままにすると、前立腺炎や血精液症になるリスクが高まります。

女性が淋菌感染症にかかっても半数以上が無症状であるといいます。

淋病になるとおりものが増えたり匂いがきつくなったりしますが、症状が似ているため膣炎や膀胱炎と間違えられることも多いです。

女性が淋菌感染を治療せずにそのままにしておくと、骨盤腹膜炎、卵管不妊症、卵管炎、子宮外妊娠、不妊症のリスクが高まります。

【淋菌感染症】淋病の特徴と感染経路!喉や目にも感染!予防法は?
淋菌感染症は淋菌の感染で起こる性感染症で昔は淋病と呼ばれていました。淋菌は人の体内でしか存在できないため人から人へ感染を繰り返しています。淋菌の症状は男性は尿道炎、女性は子宮頸管炎を引き起こし、母子感染をする危険性もあるので注意が必要です。

性病感染を予防する4つの方法

性病 放置

コンドームを使用しないセックスを好む人が多いですが、そのことにより一生を台無しにすることがあります。

性病の中には治療を行うことで症状を和らげることはできるものの、完治できないものもありますので、性病を防ぐにはコンドームが一番効果的です。

完璧ではありませんが、多くの感染の元である粘膜の接触を避けられるため コンドームはかなり有効です。

また、不特定多数の人との性行為を避けることも大切です。

性行為の相手が不特定多数になると、その分リスクが高まりますし、それがワンナイトの相手であれば非常にリスクが高いです。

究極的な手段としては、決まったパートナー以外とは性行為をしないことがいちばんです。

男性で現在特定のパートナーがいないから性病を避けつつ女性と楽しみたい人は ハンドサービスのみの風俗があります。

粘膜の接触を回避すれば多くの性病は避けられるため、比較的安心だといえますが、絶対とはいえません。

性的な接触がなくても、どこかから感染してしまうことも珍しくはないですが、とりあえずハンドフィニッシュであれば満足できるのではないでしょうか…ということで、ハンドサービスの風俗を代替案としてここでは挙げておくことにします。

性病予防に完璧な方法はない

性病 放置

いずれにしても性病の予防に完璧な方法はありません。なぜなら性的接触がなくても性病に感染することがあるからです。

クラミジアが風呂や銭湯やプールで感染!?クラミジアで口内炎になるって本当!?
医師から風俗に行った?と聞かれ「いいえ」と答えると「これは性病だから相手の方も受診させて」と言われました。僕は今まで女性と付き合ったこともないし何でクラミジアになったのか疑問です。近所の銭湯によく行くのですが心当たりというとそのくらいです。

性病もほかの病気と同様に早期発見・早期治療がとても大切ですので「もしかして…」と思うことがあれば、できるだけ早めに検査を受けることをおすすめします。

諸事情から医療機関や保健所に出向くことができない方は、郵送でできる性病検査キットの利用が便利です。

結果が陽性(+)であったとしても、例えば【GME医学検査研究所】の性病検査キットを利用した場合、提携協力医療機関が全国にありますので、そこを検査結果をもって受診すれば 再検査することなく、そのまま治療に入れるメリットがあります(提携医療機関以外を受診すると再検査が必要になる場合があります)

性病検査キットは郵送で簡単にできますが、検査結果が出た後のアフターフォローも整っていますので、安心して利用できますよ。

 
 

郵送でできる性病検査キットは 検査に必要な検体を自分で採り、検査センターに返信用封筒で郵送すると、数日後に検査結果が出るサービスです。郵送検査であってもプライバシーは厳守されますので、配送時の商品名や送り先も分からないように配慮されています。検査キットの費用は3000~20,000円程度で、検査の種類や内容により価格は異なります。

検体の郵送費用などは検査キット代に含まれているので、検査キット代金のほかには費用はかかりません。郵送の検査ですが、検査精度は病院で行う検査と同等ですし、のどの検査に至っては病院の検査よりも精度が高いケースもあります。また、万一結果が陽性だった場合、協力提携した医療機関に検査結果を持参することで重複検査を省いて すぐに治療に入ることができます。

検査キットの購入から検査結果の確認まで、すべてスマホひとつで完結できます。アフターフォローも備えたGMEの性病検査キットなら どんなに忙しくても、人目が気になっても、一人でこっそり利用でき、きっとあなたの不安を取り除いてくれます。

GME医学検査研究所

GME指定の提携協力医療機関ではない病院を受診した場合、陽性の結果を持参しても一から性病検査を受けた後に治療が始まることが多く費用がかさみます。また、検査結果が陰性(-)で医療機関を受診した場合、保険適用外で全額負担になることが多く、やはり費用がかさみます。確信が持てずに漠然と「性病かも」と思っている方は、郵送でできる性病検査キットの方がかなりコストカットできます。

GMEの協力医療機関一覧はこちら





性病男性向け女性向け
性病とデリケートゾーンの話をしよう