ガンプラの塗装の手順 組む方が先か塗る方が先か順番はどっちが正解?



ガンプラの塗装について、組んでから塗った方がいいのか、塗った後に組んだ方がいいのか意見が分かれます。

初心者にとっては、どっちが先がいいか悩みどころです。

ガンプラのパーツは色分け塗装済なので、カットしたパーツを色ごとに分けて塗装するスタイルと、組付けてからマスキングをして塗装するスタイルなどがあります。

ガンプラの塗装手順


製作時の塗装のスタイルは自由なので、もっといろいろなやり方があり、塗装の順番に決まりはありません。

ガンプラの塗装 組む前に塗装


ガンプラの塗装手順
ガンプラの塗装で、もっとも簡単に全塗装ができるやり方として、ランナーごとパーツを全部塗装し、乾燥後に組み立てながら、ランナーから切り離したゲートなどを筆で修正し、そのほか細かい部分を筆で塗る方法があります。

パーツの洗浄も一気にでき、乾かすのも干すだけです。

ガンプラ スプレー缶で全塗装!お手軽塗装で簡単 リアルな全塗装ができる



ガンプラの塗装 組みながら塗装


一度仮組をし、合わせ目などを処理知る場合は、接着剤を使うことがあるので、ある程度組付けてからの塗装になります。

ガンプラ合わせ目消し!無塗装でもワンランク上への対策とやり方



ガンプラの塗装 仮組後バラシて塗装


ガンプラの塗装手順
ガンプラのほとんどが、はめ込み式のプラモデルなので、合わせ目処理などをしない場合、組んだ後でも注意しながらバラすことが可能です。

プラモデルの塗装には、パーツの洗浄という工程があるので、仮組後にバラシて脚や腕などを分けて洗浄し、その後更に、色分けをして塗装すのがいいです。

ガンプラの塗装手順
塗装の際、エアブラシの場合は色変えごとにハンドピースの洗浄などをしなくてはならず面倒です。

そのため、色ごとに分けて塗ったほうが、手間と時間が掛からないです。

ガンプラ初心者の塗装!エアブラシの塗装のコツと使った後の洗浄



ガンプラの塗装 完成後の塗装


エアブラシやスプレー塗装の場合は完成後の塗装は、マスキングをきちんとしないと、ちょっとの隙間から塗料が入り込む場合があります。

色変えの場合は、またマスキングの貼り替えになるので、多少の手間が掛かります。

組んでからの塗装の方が、パーツを乾かすスペースが少なくて済み、完成の姿をある程度見ながら塗装ができます。

トップコートなどは、仕上げに一気に塗装する場合が多いので、完成後に塗装することが多いです。

ガンプラの塗装手順

ガンプラ初心者の塗装!トップコートで失敗しないための塗料選びまとめ!



私は、どちらかと言うと、組みながら塗るという面倒くさいタイプです。

いまだに失敗を繰り返していますが、塗装のやり方や順序を変えて、方法を探りながら組むのも楽しいです。

ガンプラの製作や塗装には、これが正解ということがないので、自分の一番やりやすいやり方が正解です。

製作を重ねていくうちに、自分の塗装のスタイルが見つかると思います。