ガンプラ スミ入れのやり方!簡単にできる失敗しないためのコツ!



ガンプラをスミ入れのやり方が分からない、スミ入れの場所は?スミ入れって簡単?スミ入れの順番は?スミイレがうまく出来ない、スミイレの色は何色を使う?スミイレの道具の種類は?など様々な疑問があります。

一見難しそうなガンプラのスミ入れが簡単に仕上がるコツなどをまとめました。

ガンプラのスミ入れって何?


ガンプラを何機も制作していれば常識のスミ入れですが、初めてガンプラを素組で完成させ、いろいろ画像などを調べるうちにスミ入れという言葉を耳にします。

ガンプラのスミ入れとは、パーツのモールド(パーツの溝の部分)に分離しているかのように見せる影を塗装することでリアリティーを増し、見た目や存在感をアピールする塗装のテクニックです。

ガンプラ初心者のスミ入れ!子供にスミ入れって何?って聞かれたら…




ガンプラ スミ入れする場所ってどこ?


ガンプラのスミ入れをする場所は、主にモールドのスジの部分で、シャバシャバに薄まった塗料をモールドの溝の上に垂らしスジの中へ流し込みます。

スミ入れはスジの中だけでなく、出っ張りの脇も流れるので、いろいろな場所にスミ入れができます。

はみ出したり、失敗などしても綿棒の先に溶剤を付けて擦れば、きれいに落とすことができます。

ガンプラ スミ入れのやり方とどんな場所にすればいい?と聞かれたら




ガンプラのスミ入れって簡単?


ガンプラのスミ入れは一見難しそうに見えます。

パーツの細いモールドにどうやって塗装するの?そんな細かい作業はできないと、引いてしまいがちです。

スミ入れペンやスミ入れ塗料など専用の溶剤があり、塗装をするというより溝に塗料を流すやり方が主流になってきています。

はみ出しや消したい場所の対処は専用溶剤などがあり、やり直しもすぐにできます。

一度スミ入れの経験をしてしまえば、自然とスミ入れが出来るようになり、スミの流れ方や感覚をすぐにマスターできます。

ガンプラ初心者のスミ入れ!息子初のスミ入れ体験に「簡単じゃん」




ガンプラ スミ入れの順番は?


ガンプラの組み立てながらスミ入れをするにあたって、いつスミ入れをすればいいのだろうという疑問を抱きます。

ガンプラのスミ入れのタイミングは、塗装の状況などで変わったり、作り手個人のタイミングあったりします。

素組の場合なら、組み立て・スミ入れ・デカール貼り・トップコートの順番が一般的です。

デカールがモールドの上に来ている場合だと、その部分にスミ入れ塗料が上手く入り込まない場合があったり、はみ出したスミ入れ塗料を拭きとる場合、デカールが邪魔だったり、剥がしてしまう場合があります。

ガンプラ スミ入れのやり方の順番次第でやりやすさと見栄えが変わる




ガンプラ スミ入れの色の使い分け


ガンプラのスミ入れ塗料には、数種類の色が使われています。

パーツの色に合わせて、明暗を分ける使い方をしますが、見た目や塗装状況により変えることもあります。

一般的な例

ベース色が白系の場合:グレー・ダークグレー・メリハリをつける場合、黒なども使われます。

ベース色が赤系の場合:茶・メリハリをつける場合、黒やグレーなども使われます。

ベース色が青系の場合:紺・メリハリをつける場合、黒やグレーなども使われます。

ベース色が黄系の場合:オレンジ・メリハリをつける場合、黒やグレーなども使われます。

ベース色が黒系の場合:グレー・ライトグレー

などが多く使われていて、ベースの色より濃い色を選択するときれいな仕上がりになります。

ウェザリング塗装の場合は、その汚し方により、溝に泥が入い込んだ汚れやサビなど

ガンプラのスミ入れの色選び機体色に合わせるにはどの色を使えばいい?




ガンプラ スミ入れペンなどおすすめ道具と種類


ガンプラをディテールアップするための第一歩として、スミ入れがあります。

ガンプラを組み立て、更に自慢の機体をロボットらしくするために、モールドのスジに色を付けパーツに精密感を見せる技法のひとつです。

スミ入れには、ペンタイプとビンの塗料があり、ペンタイプは初めてのスミ入れから簡単にできるアイテムです。

ガンプラ スミ入れエナメル塗料


ガンプラのスミ入れで、扱いやすいと評判のスミ入れエナメル塗料があります。

スミ入れエナメル塗料は、モールドに入り込んだ瞬間素早く溝を走り抜け、作業も早く仕上がり、塗料自体の発色が良いため、きれいなラインが描けます。

ビンの塗料は、蓋の先が筆になっているため、そのまますぐに使うことができます。

エナメル塗料は、プラスチック・ABS樹脂に浸透するためプラスチックパーツが割れやすくなるので注意が必要です。

ガンプラ スミ入れエナメル塗料でプラスチックを割れにくくする方法



ガンプラ スミ入れペンタイプ


ガンプラ スミ入れペンタイプは、塗るという作業ではなく、書くといった作業に近いです。

ペンタイプなので、キャップを開けてすぐにスミ入れができ、片付けの手間がないため好評です。

ペンタイプは、大きく分けて4種類あります。

■ガンダムマーカー 極細タイプ

■ガンダムマーカー 流し込みタイプ

■ガンダムマーカー 筆ペン

■ガンダムマーカー スミ入れシャーペン

などがあり、セットのものもあり、その中には消しペンなども付いています。

ガンプラのスミ入れのやり方の違い 道具を分けてきれいな仕上がり!




ガンプラ スミ入れの代用


ガンプラのスミ入れ専用の道具でガンダムスミイレシャープというシャーペンがあります。

それの代用として、普通の0.3㎜シャープや水性の筆ペンを代用する人もいます。

シャーペンを使う場合の注意点は、塗装したガンプラの場合、硬い芯を使うと塗装を削ってしまう場合があります。

同じような理由から、ボールペンも適さないです。

油性ペンの場合、はみ出した時のことを考えると、水性ペンを使ったほうが無難です。

ガンプラのスミ入れの代用という訳ではないのですが、スミ入れ専用の塗料がなかった時代から、水性塗料やエナメル塗料をシャバシャバに薄め、細筆で毛細管現象を利用し流し込んでいました。


ガンプラ スミ入れの拭き取り 失敗 はみ出し 消し方


ガンダムマーカーの場合、ガンプラのスミ入れで、もしスミ入れしたしたくない場所に入ってしまった場合、対処方のほとんどが消しゴム・ガンダムマーカー消しペン・専用薄め液などを使い消します。

消しゴムは、そのまま鉛筆を消す感じで使いますが意外と擦るのが手間で、消しペンや専用溶剤を使い綿棒の先に溶剤を湿らせ、はみ出した部分を拭いた方が早く拭き取りができます。

エナメル系スミ入れ塗料の場合は、エナメル溶剤を綿棒などに浸し拭き取ります。

エナメル溶剤の代用品として、オイルライター用のオイルが使えます。

スミ入れ塗料は成分に種類がありますので、塗料に合った溶剤を使うことをおすすめします。


ガンプラ スミ入れがうまく出来ない、失敗しない対策


スミ入れがうまく出来ない理由のひとつに、拭き取りがうまく出来ないということがありました。

スミ入れの際の、はみ出しか部分を綿棒で拭き、なかなか落ちないので強く擦ったら色が全部落ちてしまった、ということが多いようです。

その場合、先の細い綿棒を使い、スジの奥まで擦らないようにすれば対処できます。

ガンプラ全塗装後、スミ入れの塗料がにじむ場合は、スミ入れ塗料の成分を見直す必要があります。

ラッカー系塗料での全塗装の場合は、水性ではなく、エナメル系のスミ入れを使えば、きれいに流れ込む場合があります。

スミ入れした後、イメージが違うように見える場合は、ベースの色とスミ入れの色のバランスが悪い場合があります。


ガンプラのスミ入れでパーツを割れにくくする方法


プラモデルの塗料には、プラスチックパーツに塗料が浸透し、割れやすくするものがあります。

中でも、エナメル塗料はABS樹脂に浸透しやすく、よくパーツを割ったという話を聞きます。

エナメル塗料だけがプラスチックパーを割るという訳ではないのですが、対処法として“薄く塗るり早く乾かす・はめ込み部分や可動部の塗装は避ける”です。

ガンプラ スミ入れエナメル塗料でプラスチックを割れにくくする方法




ガンプラ スミ入れのコツ


ガンプラのスミ入れを初めてするとき、「はみ出したらどうしよう」というような不安があります。

一度スミ入れを経験してしまえば、その不安も一気に消えてしまうほど楽しい塗装作業です。

スミ入れのコツは、モールドに塗料を垂らす場所で、塗料の垂らし始めの一滴目は、どうしてもはみ出してしまします。

そのことを考え、拭き取りのしやすい場所に垂らしていけば、最後の拭き取り作業でも簡単に拭き取ることができ、狭く拭き取りしずらい場所に塗料がはみ出さないため、失敗が少なくなります。

スミ入れの塗料で流し込みタイプのものは、パーツのモールドへ流れるスピードが爽快で何度もやりたくなり、すぐにコツがつかめます。

ガンプラのスミ入れのコツ!流し込みタイプとペンタイプどっち使う?