ガンプラのスミ入れの色選び機体色に合わせるにはどの色を使えばいい?




ガンプラのスミ入れについて、ガンプラには、いろいろな色の機体があるけど、スミ入れの色はどうしたらいい?という疑問が出てきます。

スミ入れには、黒かグレーを使うことが多く、他のカラフルなガンプラはどうする?黒い機体は何色を使えばいい?という素朴な疑問が出てきます。

スミ入れは、パーツの分割やモールドの協調など、ガンプラを精密に見せるディテールアップのために施します。

パーツの境をきれいに見せるため、パーツのベース色によりスミ入れの色を変えてあげると、自然な感じの仕上がりになります。

ガンプラの仕上げのイメージにより、メリハリをつけるため色を濃くしたり、あまり強調せずシンプルな仕上がりにする場合は、若干薄めの色を選択したりします。

ガンプラ スミ入れのおすすめ道具


スミ入れが、簡単にできるアイテムとして、“ガンダムマーカースミ入れ”があります。



など、各色揃っていて、簡単にスミ入れをすることができます。

ガンプラ初心者の塗装!ガンプラのスミ入れ道具を変えるだけで満足度アップ作戦!



ガンプラによく使われるスミ入れの配色


ガンプラの機体には、いろいろな色が使われています。

機体のいろに合わせて、スミ入れの色を変えることでシャープさやマイルドさを出してくれます。

ガンプラのスミ入れによく使われる色の例

■ベースの色が白系のパーツ:グレー・ダークグレー

■ベースの色が青系のパーツ:紺

■ベースの色が赤系のパーツ:茶

■ベースの色が黄系のパーツ:オレンジ

■ベースの色が黒系のパーツ:グレー・ライトグレー

などがよく使われています。

一般的に、ベースの色より濃い色が使われることが多いです。

アニメなどをイメージし、黒のスミ入れをすることも少なくありません。

パーツの色分けの場所などにより、赤や茶系のパーツにグレー系を使ったりすることもあり、自分の感じた色を入れることで、自分らしさのガンプラに仕上がります。

ウェザリング塗装で汚した場合など、周りの汚れに合わせて色を変えたり、泥汚れの詰まりを出したい時は茶系にしたり、色の使い方は様々です。

ガンプラのスミ入れは、しなくてはいけないものではないのですが、スミ入れをするのが当たり前のようになっています。

スミ入れは、このパーツにはこの色を使わなくてはいけないという決まりはないので、自分なりのスミ入れの色を見つけたり作ったりして、オリジナルのガンプラを作ってみては如何でしょう。