ガンプラ ユニコーンガンダム フルアーマー 我慢できずに塗装開始

引き続き、MG 1/100 RX-0 フルアーマーユニコーンガンダム Ver.kaの息子の製作!

ガンプラ ユニコーンガンダム フルアーマー 素組だとおもちゃ?




ある程度のゲート処理が終わり、息子が

息子
とーちゃん終わった?

と声をかけてきました。

ゲート処理は老眼にはキツく作業がはかどりません、息子には言えませんが、ちょっと削りすぎた場所も・・・

ゲート処理が終わったところから、早速息子が塗装を始めてしまい・・・

まだ下処理が、といったのですが、もうそんなことは気にしないといった感じで、

息子
???いいよ、大丈夫でしょ!

と、塗装を始めました。

まぁ 本人の物だからいいかと思い、何かあったら修正してあげようと見守っていました。

が、問題発生!クリアーパーツが外せない・・・

ガンプラのユニコーンガンダム フルアーマー
どうしたものか・・・無理やりとるわけにもいかず、小さいパーツなので目をつぶることにしました。

骨格部分は、黒鉄色があり、あまり使わないので、この色を使用ました。

足の部分の紺は、青と黒を混ぜて調整し、外装はグランプリホワイトを使うことにしました。

ガンプラのユニコーンガンダム フルアーマー
私は、組んでいるところも、説明書も見ていないので、どれがどのパーツかさっぱり分かりません。

塗装の方は、私の心配することはなく、塗料のはじきもないので一安心です。

後は、ウチの息子さんは、ホコリをあまり気にせず、ただ楽しんでいるのでよく見るとホコリが付いているところが・・・

ガンプラのユニコーンガンダム フルアーマー
後は、塗りあがりを待って、組み上げれば満足いくでしょう。

機体だけではなく、武器の数も半端ないのが気になりますが・・・機体が終わったら、また暇みてゲートと合わせめ処理をしまいとならないです。

しかし、あと何機組んだらサーフェーサーで下地処理までするか?

このまま、上塗りのみで終わってしまうか?本人次第なので、そこは自由にやらせます。


スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="1701418858">