ガンプラ ケンプファー お蔵入りだったガンプラを埃の中から救出

前回に引き続き、クローゼットの探検

ガンプラ ZガンダムPG お蔵入りだったガンプラを埃の中から救出



クローゼットの上の発掘が進み、ケンプファーが顔を覗かせました。

出てきたのは2機、通常バージョンと、オリジナルバージョンです。

ガンプラ ケンプファー
ガンプラ ケンプファー
これも、箱入り息子だったのですけれど、なぜこんなにホコリが積もる?

このホコリの量、何年もの年月を物語っています。

ウェザリングの塗装などで汚すことはあっても、このホコリはなかなか再現できないです。
(///ω///)

息子がガンプラと騒ぐまで見向きもされず、じっとクローゼットの上の奥で、ひっそりと眠っていたところを起こしてしまいました。

しかし、壊れそうなので拭くことができない、ホコリだけ落としても何となくザラザラしている感じ、触ると壊れる恐怖心か、それとも汚くて触りたくないか、息子は手にも取ろうとしません。

もう、バランスを取らないと立つことすらできない、お爺ちゃんのようなガンプラです。

アクションベースがあれば、何とか形にはなると思いますが、飾る場所がない、息子の組んだガンプラがメインになるので、またお蔵入りは決定です。

やっぱり、自分の気に入った機体にしか興味がないのかと実感しました。

息子は出来上がっている物にはあまり興味を示さないのか、

息子
あ、こんなの、あったんだ…

という感じで、そっけなかった。

でも、PGのZガンダムは変形させたかったみたいですが、これも壊れそうなので断念しました。

ガンプラ ケンプファー
これからも、息子はガンプラの製作を続けるらしいので、お蔵入りにならないように、飾る場所を確保しなければなりません。


スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="1701418858">