ガンプラ初心者の塗装!ランナーまるごと塗装で手軽に簡単全塗装!

息子のガンプラ製作の塗装2機目が開始されました。

前回、一度組んでからバラバラにし、塗装したのですが、バラバラにするのは面倒なことと、外せない部品もあるということで、今回は、パーツをランナーから外さないお手軽全塗装にしました。

塗装に気合を入れると思ったので、ワニ口クリップの追加を買ったのですが、どうも面倒くさかったらしく、時間もかかり、塗り忘れがありました。

そこで、お手軽塗装の出番です。

ガンプラ スプレー缶で全塗装!お手軽塗装で簡単 リアルな全塗装ができる



パーツをランナーから切り離さないため、クリップで一つ一つ挟む必要がなく、パーツの塗り忘れもありません。

前回の塗装では、塗り忘れがあり、その一つのパーツを塗りなおすために、エアブラシを洗浄するのが面倒くさく、そのパーツだけ筆塗りをしました。

その結果、筆塗りのパーツだけ色が濃くなってしまい、ちょっとがっかり、小さいパーツだったため目立たないのですが、このようなミスはなるべく避けたいということで、お手軽塗装に踏み切りました。

おそらく、早く完成させたいだけだと思いますが・・・

ガンプラ初心者の塗装
ただ、お手軽塗装の欠点は、ランナーとの切り口が塗装されないことと、パーティング消し合わせ目消しができないという点です。

しかし、息子のお遊びなので、そこまでの完璧は求めていないため、ランナーの切り口だけ筆差しをして、良しということにします。

息子も、そのほうが作り甲斐があると思いますし、素組完成後、バラシて塗装するより、塗装されたきれいな状態で組みあがっていくほうが、組みながらの完成が見えてくるので、楽しいかと思います。

部品を外してから塗装も考えたのですが、今は何より組み立てが楽しい、素組ではない友達と違ったガンプラを作りたいという気持ちの方が強いと思ったので、できるだけ短時間の方法を選びました。

息子もだいぶ上達をし、エアブラシも慣れたようで、均等に色が乗っているような気がします。

内部の色はシルバー系がいいとのことだったので、ガンメタにシルバーを追加し、少し明るめなガンメタに塗装しました。

塗ってみると、元のプラスチックの色がメタリックになっただけの、芸のない色になってしまいましたが、他にちょっとアクセントをつければ、まぁいいかって感じです。

おおざっぱな塗装の一色目が終わり、今度は細かい部分の筆塗りを始めました。

ガンプラ初心者の塗装
「細かい~面倒くせ~」と言いながら頑張ってシリンダーの部分を塗装していきます。

この細かい作業に意外と時間がかかり、タイムアップ!

ガンプラ作りばかりに時間をかけられず、宿題の時間にチェンジです。

ゴールドの部分は塗り切りたかったとボヤキながら、シブシブ宿題へ・・・

ガンプラ製作は自分自身の力でやらせているので、作業の準備と作業終了後のかたずけは私のお仕事です。

今回は、一つだけお手伝いをし、シルバーに塗ったところを磨いてあげました。

ガンプラ初心者の塗装
結構光ったので、息子も満足しています。

プラモデル作りの悪いところは、時間を忘れるところですが、最近は、ちょっとの時間オーバーしますが、ちゃんと止められるところは褒めてあげたです。

私が幼いころは、飯も食わずに没頭して、よく親に叱られていた記憶がありますが、息子のガンプラ製作は、ちゃんと止められるようです。

おそらく、かたずけに時間がかかることを気にしてくれていると思います。

ゲームをやっているときは、飯も食わず風呂も入らずですが・・・その辺も直してもらいたいです。

しかし、やっと作り始めたばかりなのに、もう次のガンプラのことを気にしはじめています。

今は、やりたいようにやらせていますが、製作を続けていくうちに、上達すれば細かいところが気になっていき、だんだんに処理をするようになっていくと思いまので、今はただ楽しんでもらえればそれでいいです。


スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="1701418858">