ガンプラメタリック塗装
ガンプラの塗装で、メタリックの塗装はプラスチックに金属感を与え、高品質、重厚感を見せてくれます。

中でも、キャンディー塗装は人気がありますが均一の色を出すのが難しい塗装方法です。

普通にシルバーで塗装するだけでも、下地に神経を使うのに、更にクリアーカラーの塗装で神経を使います。

そのキャンディー塗装を、神経使わず初心者でも簡単に仕上げてみました。

ガンプラのメタリック塗装

ガンプラ メタリック塗装の下地


ガンプラのメタリック塗装で一番気を遣う工程です。

メタリックは光に反射しやすく、下地の荒が見えてしまいます。

きれいに仕上げる場合、下地処理をしっかりやり、サーフェイサーも細かいものを使います。

サーフェイサーは、黒の1500番を使うことが多いです。

サーフェイサーに決まりはありませんが、明るい色のサーフェイサーを使うと明るめはシルバーになり、黒を使うと重たい感じに仕上がります。

黒が多く使われる理由は、シルバーを塗装した際、シルバーが鮮やかに発色することからよく使われます。

そこで、キズなどをしっかり処理し、更に細かいペーパーで磨き表面を平らにし、上塗りをしていきます。

サーフェイサーの上にそのままシルバーを吹いてもいいのですが、光沢ブラックを吹き付けることで、シルバーにツヤ感を出してくれます。

ガンプラ メタリック塗装シルバー


ガンプラのメタリック塗装のシルバーの塗装で、シルバーにも微妙に違う色があリ、クロームシルバー・アルミシルバー・アイアンシルバー・ブライトシルバーなど様々な色が用意されています。

シルバーにほかの色を調合して使ったりもします。

色を少し変えてあげることで、シルバー一色のノッペリした仕上がりにならず、パーツの分離などを表現してくれます。

シルバーのメタルカラーで仕上げる場合、この後トップコートをすれば完成です。

ガンプラ メタリック塗装 キャンディー塗装


ガンプラのメタリック塗装でシルバーの上にクリアーカラーを塗装することで、メタリックとは違う透明感のあるメタリック塗装ができます。

その場合、下地のシルバーの色を変化させることで、上塗りのクリアーカラーの発色が変わってきます。

上塗りのクリアーカラー一色でも、下地の色の違いで多彩な色が表現できます。

クリアーカラーの塗装回数(塗装の厚み)で色の濃さが変わってくるので、均一に塗ることがきれいに仕上げるコツです。

大きいパーツが多い場合などは、一気に広い面積が塗れる缶スプレーが、色ムラなく塗装ができます。

クリアーカラーを塗装する際、エアブラシの場合は調合時にクリアーを数滴混ぜておくと、塗料の定着が良くなり垂れる率が減ります。



ガンプラ メタリック塗装 トップコート


キャンディー塗装の場合、ほとんどが光沢でトップコートします。

ピカピカに仕上げるため、鏡面仕上げをする場合も少なくないです。

鏡面仕上げは、クリアーを吹き付けるたびに、細かいペーパーヤスリで塗装表面を鏡のようにピカピカツルツルに磨き、何度もクリアーを吹き、最後はコンパウンドやワックスなどを使い仕上げます。



ガンプラ メタリック塗装 キャンディー塗装風お手軽塗装


メタリック塗装の際、一番必要性を感じるものが、エアブラシの存在です。

繊細に塗れる塗装表面やグラデーションはもちろんですが、塗料の調合が肝なので、この塗装はエアブラシに助けられています。

プラモデル エアブラシのおすすめ!初めての購入はセットがお得!



今回、SDガンダム シナンジュを使いました。

ガンプラのメタリック塗装
パーツの面積が小さいため、あまり塗装の厚みを考えずに塗装ができました。

ガンプラのメタリック塗装で、キャンディー塗装は普通の塗装より時間が掛かります。

そこで、塗装の工程を減らし、色の濃さをごまかす塗装をしました。

ガンプラ メタリック塗装の下地


ガンプラの下地の塗装に、直接光沢ブラックを全塗装しました。

ガンプラのメタリック塗装
ムリにペーパーヤスリで擦るとヤスリ痕が表面に出てくるので、パーツ洗浄後に直接塗装しました。

ガンプラ メタリック塗装 シルバー


ちょっとシルバーの塗料を変えて試してみました。

ガンプラの下地の黒の上に、薄くアルミシルバーを吹き付けました。

ガンプラのメタリック塗装

この塗料は、塗って磨けば金属感!という変わった塗料で、磨くとメッキみたいに光ります。

なので、ちょっと冒険しました。

光沢の黒の上に薄く塗ったおかげで、磨いたらクロームメッキのような重たい色になり、このままにしようと思ったくらいに、いい出来でした。

ガンプラのメタリック塗装
ガンプラのメタリック塗装
ガンプラのメタリック塗装
しかし、今回の目的は、簡単キャンディー塗装なので、クローム仕様はまた今度ということで、パーツの磨きを続けました。

このシルバーは、擦れば擦るほど色が落ちてしまうので、注意が必要ですが、そこを利用し下地のシルバーに濃淡を付けていきました。

ガンプラのメタリック塗装

ガンプラ メタリック塗装 クリアーレッド


下地に濃淡を付けることにより、クリアーカラーの厚みを多少カバーできます。

濃淡を付けているため、はっきりした色合いが分かりずらいですが、均一になるよう3回塗装しました。

ガンプラのメタリック塗装
あまり塗装を重ねると、クリアーレッドがどんどん濃くなってしまうので、塗りすぎに注意です。

程よくいい感じになったところで、最後に光沢クリアーでフィニッシュ!

後は、細かいところの筆塗りとシールを貼り完成です。

ガンプラのメタリック塗装
金色の部分の塗装は、老眼には厳しいので、今回はシールで我慢です。

小さいガンプラなら、多少の塗装工程を飛ばしてもそれなりに仕上げることができます。

出来上がった後の後悔!合わせ目け消しをしておけばよかった。

実際、塗装の色合いをごまかすために、下地に濃淡を付けたのですが、次は、普通にキャンディー塗装かクロームのままにしようと思います。

プラモデル エアブラシのおすすめ!初めての購入はセットがお得!