ガンプラの改造方法!やり方簡単メッキビーズでディテールアップ作戦



ガンプラを改造し、カッコよく見せる方法があります。

しかも、安価で・・・ちょっとした工夫でワンポイントメタル感が実現します。

ガンプラを楽しく製作していくうちに、もっとメタル感を出したい!安く出来る改造方法はないか?と、思うときがあります。

ガンプラのディテールアップパーツは値段を見ると、ややお高めのものが多くなかなか買う勇気が出ません。

ガンプラ専用のメタルパーツはもの凄く出来がよく、ガンプラを眺めているだけで飽きないカッコいい機体に変身します。

でも、なるべく安く仕上げたい! いろいろな機体に数多く施したい!

そんな時、ガンプラの専用のディテールアップでなくても、ちょっとしたもので工夫ができます。

そのひとつが、パーツにリベットのようなものを打ち込んで、鉄らしいイメージを出すのに手芸用のビーズがあります。

ガンプラの改造方法



手芸のコーナーなどで販売されていて、値段も安く大量に入っています。

メッキ加工されているため、ちょっとしたアクセントにピッタリで、ガンプラにピアスを付けるような感覚です。

取り付けの感覚がつかめれば、簡単にいくつも付けることが可能で、重厚感が増すこと間違いなしです!

取り付け方は、簡単ですが集中力が必要になります。

ピンバイスで穴を開けて、ビーズを差し込むだけの作業ですが、ただ穴を開ければいいという訳でもなく、丁度いい穴を開けることが大切です。




ピンバイスは精密なものを使わないと、ほんのちょっとの穴の寸法の違いで、なかなか穴に入らず、無理やり押し込みとプラスチックが欠けたり、逆にブカブカだと接着剤がはみ出して汚い仕上がりになってしまうこともあります。

ガンプラの改造方法
穴を開けて、差し込むだけの作業ですが、慎重に作業をすることが大切です。

メッキビーズのバランスを左右対称にするために、方眼シールなどがあると便利です。




パーツを割ってからでは遅いので、最初にプラ板やランナーのプレートなどで試してからの本番をおすすめします。

穴を開けなくても入る部分もあり、メッキビーズをはめ込むだけでガンプラの雰囲気を変えくれます。

ガンプラの改造方法
ガンプラの改造方法
ガンプラのバルカンの銃口などに使うと、その部分のプラスチック感がなくなるので、よりリアリティーが増すこと間違いなしです。

今回入手したメッキビーズは、約600個入っているため、相当打ち込めますが、少しつぶれているものも入っているので、スジ彫り用ケガキ針などを使って修正するか、数が多いので、状態のいいモノだけを使うかは、その時次第です。

スジ彫り用ケガキ針は、メッキビーズを穴にはめ込むときにも重宝します。

このメッキビーズは、直径1.5㎜長さ1.5㎜と、とても小さく軽いため、ちょっと落としただけで弾んで消えてしまいます。

床に落ちると探すのがとても面倒で、なかなかに付けることができなくなってしまいます。

そこで、スジ彫り用ケガキ針のもうひとつの使い方が、針の先っちょにメッキビーズを差し込んで穴めがけて入れてあげれば、真っすぐ簡単に入れることができます。

ガンプラの改造方法
めちゃくちゃ細かい作業なので、拡大鏡ルーペがあると便利です。




この拡大鏡ルーペは、アームクリップが付いているため、ガンプラの改造で電飾などをするときなど、はんだ付けの際、両手が使えるので非常に便利です。

ガンプラ改造の方法 ガンダムの光るカメラアイ!LED化のやり方



値段が安く、いろいろな形や大きさや色のビーズがあるので、数種類取り揃えて機体ごとに施工すると、より楽しく自分だけの機体が仕上がります。