ガンプラの改造!やり方簡単 ステンレスパイプでディテールアップ



ガンプラのディテールアップのやり方で、メッキビーズを使ったやり方をしましたが、極細のステンレスパイプなどでも同じような装飾ができます。

ガンプラの改造!やり方簡単 手芸用メッキビーズでディテールアップ



ステンレスパイプなどは、長さが自由にカットできるため、リベットのように打ち込むだけでなく、他の使い方もできます。

太さもいろいろあり、何よりもパイプの肉が薄いため、銃口などに使うと、よりリアリティーさが増します。




ステンレスパイプの切断には、特殊なカッターが必要になりますが、直径1㎜のパイプカッターはなかなか無いので、私はミニリューターでカットしました。

切った時に飛んで無くならないように先端の穴に爪楊枝を挿し、爪楊枝ごと押さえてカットしました。

真鍮のパイプなどは、カッターをころがして、気合でカットできますが、真鍮の場合はステンレスのように硬くないので、力いっぱい押し当てるとつぶれてしまう可能性があります。

ステンレスの場合は、硬すぎてカッターの刃が立ちません。

そのため、リューターのカッターを使いました。

ガンプラ改造のやり方
パイプ径は違うものを使いましたが、パイプが細いと意外と簡単に切断できます。


リューター使用の場合は、細かい鉄粉が飛び散るため、必ず防護メガネと防塵マスクの使用をして下さい。

部屋の中の使用も避けた方がいいです。

ちょっとの量ですが、結構散乱します。

ガンプラの製作は、改造もそうですが、塗装なども美術の画材が使われたり、パーツにしても工具ににしても、ガンプラは芸術の域に達しているような気がします。

プラモデル用じゃなくても、探せばいろいろとガンプラに使えるものが出てくるので、ホームセンターに行く目的が変わってきて楽しめます。

今では、ホームセンターや、その中の手芸コーナーなども徘徊するようになってしまいました。