ガンプラの部分塗装でバーニアが初心者でもカッコよく塗装できるコツ



ガンプラの塗装で「ちょっとカッコよくしたい」と思うところがバーニアの部分です。

バーニアには、パーツが1点のものと、外側と色違いの内側のもの、そして更にクリアーパーツを仕込むものなどがあります。

メタルパーツも出ているものがあり、小さいくせに以外と高価です。

バーニアのシャープさを出すために、内側や外側を削ったりして工夫することもあります。

ガンプラ,部分塗装,バーニア
それだけ高価なだけに、金属感やリアル感、何よりも見た目がカッコいい、今にも飛んで行きそうな精巧な造りみ魅了されてしまいます。

パーツが分割されているものはまだいいのですが、一体ものはプラスチック感見え見えです。

ガンプラ,部分塗装,バーニア
塗装するにも、シルバーの塗装だけではリアル感に欠ける感じがし、もうちょっと工夫してみたいと思ってしまいます。

ガンプラ,部分塗装,バーニア
ロケット噴射のようなものなので、焼け目や焦げ目、すすけた跡などを表現したくなってしまいます。

そこで、バーニアの分割のパーツのように内側の色を変えてあげると、意外と良く見えてしまいます。

一度全部シルバーに塗装し、それから内側の塗装に入ります。

内側は自分の好みの色で塗装をすれば、他にはないオリジナルのいい味が出せます。

私は、クリアーカラーが好きなので、普段内側はクリアーブルーに塗装することが多いです。

今回は、クリアーブルーとクリアーレッドを使いました。

ガンプラ,部分塗装,バーニア
内側の塗装だけで、見た目が数倍変わることが分かります。

外側もボカシて塗装をしていけば、焼けた状態などが表現でき、徐々に色を変えることにより、よりリアルに見せることができます。

今回は4色使ってみました。

ガンプラ,部分塗装,バーニア
写真では色の境目が分かりずらいですが、クリアーブルー・クリアーレッド・クリアーオレンジ・黒鉄色を使ってみました。

ガンプラ,部分塗装,バーニア
小さい部品なので、老眼の私にはこれが限界、へたくそですみません。

ガンプラ,部分塗装,バーニア
私の場合、老眼なのでウェザリングマスターの方が向いている気がします。

ガンプラ ウェザリングマスターの種類 色の使い分けと簡単な使い方



ウェザリングマスターは仕事が早く、失敗のリスクも少なく、きれいに仕上げることができます。

いろいろ使い分けて、塗装とウェザリングマスターの両方を使うのも仕上がりをきれいに見せてくれます。


スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="1701418858">