ガンプラのウェザリング方法!初心者必見 ドライブラシのやり方とコツ




ガンプラのウェザリング方法 ドライブラシ塗装とは?


ガンプラ,ウェザリング,方法
ガンプラを、簡単に汚すことができる方法の一つとして、ドライブラシという技法です。

方法は、パステルシャドウとやり方が似ています。

違いは、パステルシャドウは、画材用のパステルカラーを使い、ドライブラシは、塗料と筆を使うことです。

また、筆塗りとも少し違い、塗るというより、擦るほうに近い塗装方法です。

ドライブラシは、くすみなどを表現するだけでなく、汚れ・擦れ・錆など、いろいろな表現が出来ます。

高価な道具を必要としないため、初心者でも手軽にウェザリングを楽しむことができます。

素組の状態からでも、汚れなどを表現でき、作り終えて放置していたガンプラなどに施せば、また楽しみも増えます。

リアルなガンプラを作るステップアップとして、役立つ技法の第一歩です。


スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="1701418858">




ドライブラシ塗装に必要なもの




普通に売っている絵の具などに使う筆で問題ないです。

あまり安い筆だと、毛が抜けていく心配があります。

自分が使っていたときは、筆の毛を半分位の長さにカットしました。(人それぞれです)

塗料・薄め液


通常は下地を傷めない水性アクリル塗料を使うことが多いです。

素組の場合やラッカー系での塗装の場合は水性アクリル塗料で問題ないですが、下塗りと同じ成分の塗料や相性の悪い塗料だと混ざり合ってしまうことがあるので、注意が必要です。

調合用の皿


塗料の色を混ぜ合わせ、オリジナルの色を作るときに使います。

拭き取り用の紙


キッチンペーパーなどが良いです。

ティッシュペーパーなど、ホコリや繊維などが付着しやすいため、あまりおすすめできません。

ドライブラシのやり方とコツ




筆に塗料を浸し、筆に付いた塗料をキッチンペーパーで拭き取り、半乾きになったら、エッジやモールドの凹凸部分に擦りつけていきます。

ポイントは、軽く素早く、女性が化粧をするような感じで、薄く伸ばしていき、徐々に色が付いていく感じで仕上げます。

暗い色の場所にはやや明るめな色、明るい色の場所には暗めな色などを使い分け、陰影をつけるとより一層立体感が出て、リアルさが増します。

エッジ部分などは、色が濃くつきやすいため、注意が必要です。

角などボカシて色を変えたいときは、その部分だけ色を変えることが簡単にできます。

錆や擦れた塗膜などを再現したい場合は、細めの筆を使い茶系やシルバーなどの塗料を使って表現ができます。

全体のバランスを考え、リアルな戦闘シーンのガンプラを作りましょう。