ガンプラのチッピング!色の違いでウェザリングの表現力アップ




ウェザリング・チッピング塗装とは?


ガンプラ,チッピング,色
ウェザリングの塗装のひとつにチッピング塗装があり、ガンプラなどを汚れた感じに再現する塗装方法の一つです。

塗装の方法は、パステルシャドウやドライブラシと似た技法です。

パステルシャドウ:画材用のパステルカラーを使い、筆や綿棒などで汚す方法です。

ドライブラシ:プラカラーなどの塗料を使い、筆などで汚す方法です。

そして、チッピング塗装は、剥がれや欠けなどを再現する技法です。

高価な道具は必要なく、初心者でもすぐに始められる塗装です。

ガンプラの完成状態からでも、塗装を楽しむことができ、さらに愛着が湧きます。


スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="1701418858">




チッピング塗装に必要な道具


人によって、使う道具は様々で、剥がれた感じに仕上がれば、何を使っても、それが道具になります。

その中で、良くつかわれている物を紹介します。

塗料・薄め液


使う塗料は人それぞれで、ラッカー系・エナメル系・アクリル系と自分に合った塗料が使えます。

無塗装の素組状態なら、どの塗料を使っても問題ないですが、塗装されている場合は、下地と同じ成分の塗料や相性が悪い塗料ですと、混ざり合ったり、色が濁る場合があるので、注意が必要です。

水性アクリル塗料を使う人が多いです。

調合用の皿


塗料を混ぜ合わせるときに使います。

スポンジ


キッチン用の市販のものか、使い古しのボロボロのものでも問題ありません。

ピンセット


スポンジをつまむのに使います。

ガンプラ,チッピング,色

キッチンペーパー


余分に付いた塗料の拭き取りに使います。


普通に販売されている細めの筆で問題ないです。

つまようじ


個人的に使っています。

チッピングのやり方とコツ




ガンプラのパーツのエッジの部分やその他、いろいろな場所に塗料をつけて、点錆や剥がれを再現する塗装方法です。

パステルシャドウとは違い、擦るというより、塗料を置いてくるといった感じ、塗った後に剥がす技法もあります。

オーソドックスな塗り方は、お皿に塗料を出し、スポンジを指でつまめるくらいにちぎります。

スポンジをピンセットで挟み、少し塗料を浸み込ませ、キッチンぺーパーなどで、スポンジについた余分な塗料を落とします。

塗りたいパーツのエッジなどに、擦らず軽くたたくような感じで色を乗せます。

この作業を繰り返し、色を乗せていきます。

錆を再現すりなら、少し濃いめの茶系が雰囲気を出してくれます。

エッジの角やパーツの切れ目、先端など、錆びそうな部分を中心に塗っていくとリアルさが増していきます。

ガンプラ,チッピング,色
別の塗装方法のアレンジですが、パーツの色と同じ塗料を濃くし、満遍なく凸凹にたたいて塗っていくと、鋳造のような質感に塗装する鋳造仕上げもできます。

エッジの角の部分を筆で直接塗り、剥がれを再現する方法もあります。

色の使い分けで、塗装の下地の金属部分を再現するときはシルバーなどを使ったり、黒やグレーなど下地の色を再現するときもあります。

私はつまようじをよく愛用し、先に塗料をつけ、角を塗ったり、点づけしたりと重宝していました。

実際に塗装を剥がすやり方もあります。

下地をあらかじめ塗装しておいて、シリコーンバリヤーという離型剤を使い下地と上塗りの間に塗り、乾燥後、ドライバーやワイヤーブラシなどで剥がす方法があります。
シリコーンバリヤーとは、シリコン型の溶剤で、貼り付などを防ぐ離型剤です。

そのほか、セロテープを使い剥がす方法などもあります。

整髪料や食塩を使うという技もあり、人それぞれの技法がある幅の広い塗装方法です。