スミ入れシャーペンでガンプラにスミ入れが書く感覚で簡単にできる!




ガンプラのスミ入れにシャーペンで線を書く?

しかし、これなら失敗の少なく、もし失敗しても消しゴムで消せる安心感場あり、スミ入れの第一歩として定評があります。

簡単に言えば、立体のものに線を書く!それも、刻まれた溝に線を書く!これほど簡単なことはないくらい手軽にできるスミ入れ作業です。

ガンプラ用のスミ入れシャーペンは0.3mmシャープペンシルと基本的に同等のものですが、そのメリットは使い勝手の良さと手軽さにあります。

スミ入れシャーペンはシャーペンのみでスミ入れ作業が可能で、万が一はみ出したとしても、消しゴムではみ出した部分を消すことができます。

また、色はシャーペンの芯の色の薄いグレー/ブラック系の色となっているために、多くのスミ入れする部品で目立ちすぎるということはありません。

普通の0.3㎜のシャーペンでもいいんじゃない?と思われますが、シャーペン本体は市販のものとあまり変わりはありません。

使う人の好みで、グリップの部分がカッコいいガンダム専用を使うか、普通の文房具を使うかの差です。

違う点は「芯」にあります。

普通のシャーペンの芯より柔らかい感じで、モールド(溝)の中を滑るように芯が削れる感じで書くことができます。

市販の芯を使う場合は、B以上の濃い芯を使うことが無難です。

一度、軽くつや消しトップコートを塗装しておくと、ザラついた塗装面に芯が馴染み、色が付きやすいですが、素組や光沢の塗装面では、芯が滑りすぎて、色の付きがあまり良くない場合があります。

色が薄いのはメリットでもありますが、具体的な部分でいうと、ガンダムの顔のへの字口の部分などでは、シャーペンの色では薄すぎるので、塗料を使ったスミ入れに挑戦したほうが良くなってくるでしょう。

スミ入れシャーペンの欠点は、シャーペンの芯が届かない場所へのスミ入れができないことと、細いモールドには芯の先が入り込まず書きづらいです。

シャーペンの芯は0.3㎜と非常に細く、芯が折れやすい点も注意が必要です。

なお、全身塗装までできる方の場合はシャーペンでのスミ入れは塗装を傷つける恐れがあることや、失敗した際の消しにくさから向いていません。

スミ入れシャーペンも、シャア専用など、ユニークな商品も追加してもらいたいです。


シャーペンでは薄い、といった場合は、スミ入れペンやなど使うと、線がはっきり書けます。

ガンプラのスミ入れのコツ!流し込みタイプとペンタイプどっち使う?




エナメル塗料を使う際、一般的なスミ入れに必要なものは塗料、面相筆(極細)、うすめ液、拭き取り用の綿棒、塗料皿、スポイトあたりで、グレーやブラウンなどスミ入れの色が細かく選べるメリットがあります。

エナメル塗料は、用意に手間がかかり、ラインに塗料を流し込む独特の作業に慣れが必要で、エナメル塗料の匂いが苦手という方にはあまりおすすめできません。

最初から、スミ入れ目的のエナメル塗料の販売されています。

タミヤスミ入れ塗料は、すでに希釈されていて、蓋の裏が筆になっているため、すぐに使うことができます。


ガンプラのスミ入れエナメル塗料を使い簡単に流し込みができる



Amazonプライム販売でのガンプラや道具など、安いモノでもAmazonプライム商品のあわせ買い2000円以上で送料無料になるので、安くお得に買い物ができます。