【ガンダム アニメ】新機動戦記ガンダムW エンドレスワルツ Endless Waltz


コロニー国家群と地球を巻き込んで行われた大規模な戦乱が終結し、新たにコロニーと地球勢力を集約した地球圏統一国家が設立されたA.C.(アフター・コロニー)196。

統一国家は非武装・非暴力思想による和平実現を目指していたが、戦乱終結からちょうど一年が経ったA.C.196のクリスマス・イヴ、外交官として活躍していたリリーナ・ピースクラフトがX18999コロニーで拉致されてしまう。

リリーナを拉致したのは、トレーズの娘を名乗るマリーメイア・クシュリナーダをリーダーとする反乱軍であった。

マリーメイアは統一国家に対して蜂起を宣言し、MS・サーペントと資源衛MO-IIIを使った「オペレーション・メテオ」を実行に移す。

これに対し、統一国家の諜報機関プリベンターと、ヒイロ・ユイ、デュオ・マックスウェルら、前大戦で戦乱の終結に貢献したガンダムのパイロットたちが再び立ち上がる――。


ウイングガンダムゼロ EW



私の好きなガンダムは「ウイングガンダムゼロ」(エンドレスワルツ版)です。

テレビ版とはモビルスーツのデザインは異なっており、天使の様な白い翼を4つ備えていているのが大きな特徴です。

もちろん、歴代のガンダム登場するモビルスーツもどれもかっこいいのですが、機械的なデザインが多かった印象があります。

ウイングガンダムゼロの様な翼を持っているモビルスーツは今までになく、その翼を羽ばたかせながら戦う姿はとてもかっこいいです。  

モビルスーツの色合いも、テレビ版と比べてエンドレスワルツ版では、赤色の割合が減り青色の部分が増していて、翼とよく合います。

また、パイロットのヒイロ・ユイがガンダムを起動して翼が開き、羽が舞い散るシーンもとてもかっこよくて印象的です。

使える武器の数は少ないですが、メインの武器であるツインバスターライフルはとても強力で、コロニーを破壊する程の破壊力を持っています。

エンドレスワルツでは、戦いの中でボロボロになってしまいますが、それでも仲間を救うためにツインバスターライフルを撃ち続け、最後は自らの機体も爆発してしまうシーンも、ウイングガンダムゼロの魅力の一つだと思います。

また、ゼロシステムによる戦闘サポートが備わっているので、歴代のガンダムと比較しても負けない強さを持っているのではないでしょうか。

登場するのはエンドレスワルツだけと少ないですが、とても魅力的なモビルスーツだと思います。

ライター:m.k



XXXG-00W0 ウイングガンダムゼロカスタム



『新機動戦記ガンダムWEndlessWaltz』に登場するウィングガンダムの派生モビルスーツです。

ガンダムに天使のような美しく大きな翼が生えており、当時大きな衝撃を受けたのを覚えています。

進化前の「ウィングガンダム」もその名の通り翼は生えていますが、ロボットの常識を超えたゼロカスタムのほうが断然カッコよく、大きな魅力を感じます。

映画でカスタムゼロの姿を見た瞬間、その美しく描かれた曲線状の4枚羽に一目で心を奪われてしまい、他にもたくさんのガンダムシリーズを見てきましたが、その頃から最も好きなモビルスーツです。

ロボットとしては珍しい特徴的な見た目ながら、初代ガンダムの白、赤、青、黄といったガンダムの基本カラーや、機体の基本構造はきちんと受け継がれています。

翼自体も本体と同様ガンダニュウム合金で製造されていて、軌道修正用の補助的噴射装置(バーニア)としての役目も果たしています。

また、武装もライフルやビームサーベルなど、見た目だけでなく戦闘にも優れたモビルスーツとなっています。
ライター:c.u