【ガンダム アニメ】起動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY


未だに一年戦争の傷跡が残る宇宙世紀0083年、核弾頭装備のガンダム試作2号機がジオン公国軍残党に強奪される事件が起こる。

地球連邦軍テストパイ ロットのコウ・ウラキは、ガンダム試作1号機のパイロットとなり、試作2号機を奪ったアナベル・ガトーと事件を画策したデラーズ・フリートを追う戦いに身を投じることになる。

その中でコウは、アナハイム・エレクトロニクス社のシステムエンジニア、ニナ・パープルトンと惹かれ合い、さらに挫折や葛藤を乗り越えることで、パイロットの才能を開花させると同時に人間としても成長していく。

だが、コウたちの奮戦も空しく、デラーズ・フリートは試作2号機で地球連邦軍の観艦式を襲撃し、それを陽動とした地球へのコロニー落とし――「星の屑作戦」を敢行する。

信念と欺瞞、そして策謀が入り乱れる状況の中、ガンダム試作3号機という武器を手にしたコウたちは、コロニー落としを阻止する戦いに挑むのだった。


パワードジム



私がこの作品に出合ったのは当時小学生でした。

この当時は、ガンダムのこともよく知らず…(SDガンダム等が主体でした)内容もよくわかっていなかったので、主役機のガンダムがカッコイイとか思っていたと思います。

ですが、本格的にガンダムの世界にのめり込んだのは、セガサターンソフト、ギレンの野望をプレイしてからでした。

このゲームをプレイして、MSという存在が一兵器だと、ガンダムだけが英雄的な存在じゃないんだと、量産型の魅力にきずかされた瞬間でした。

それからガンダムの作品を見返し、その中でも特に0083のパワードジムというMSの魅力に魅せられました。

ジムの弱っちいイメージを覆し、物語冒頭でザク3機を模擬戦とはいえ圧倒していた姿に惚れてしまいました。

GP01のバックパックを実験的に装備し、このジム…アムロが乗ればガンダムよりも強いんじゃないの!?とか頭のなかで、カタログスペック等を妄想するのがとても楽しかったです。

しかも、実験機ということで、正式な型番もないというのもそそりました。

しかし、やはりジム…永遠のやられ役という運命には逆らえず、性能では劣るドムのバズーカをボディに食らって撃破されてしまいます。

だがそれがいい!撃破される姿も美しく華々しかった!あらゆる作品には主役がおり、またそれを引き立てる脇役がいる、ジムというMSはそれを体現する存在だと思います。






ライター:g.9