ガンプラ初心者 ニッパーから始める息子とガンプラ製作

ガンプラ初心者 息子と始める製作第一歩


子供が急にガンプラが欲しいと言われた場合、「何から始める?」などのことをまとめていきます。

プラモデル全盛期だった頃の親御さんたちは、大体が車、戦車、飛行機などが主だったと思います。

私も、ほとんどの製作が、車やバイクでした。

当時使っていた道具は、パーツの切り離しには爪切りが定番で、デカールの切り取りにはハサミと、どこの家庭にでもあるものを使い製作していました。

塗装に関しては、筆塗りで頑張っていました。

一台を仕上げるのに、スプレー缶はとても高価な品物で、当時小学生だった私には買えるものではありませんでした。

しかし、今のガンプラは、パーツごとに色分けされているため、塗装をしなくてもアニメそのものの出来に仕上がるようにできています。

それ以上に関心なのが、接着剤を使わないはめ込みタイプのため、有害なものを排除していることです。

切ってはめ込むだけなので、グレードによって子供でも作れる設定になっています。

組み立てのレベルが上がってくれば、ガンプラもレベルを上げていき、よりリアルなガンプラが楽しめます。

プラモデル全盛期に製作をしていた時代から時間が止まっているお父さんなどは、きっとガンプラの箱を開けた瞬間ビックリすると思います。

箱を開け、目に飛び込んでくるのが、カラフルなパーツの数々、それとパーツの多さです。

ガンプラ初心者のニッパー
昔の車などのプラモデルは、ボディ色とパーツの色とクリアーパーツなど、よくて3色でした。

ガンプラ初心者のニッパー
それから比べれば、ガンプラは非常に作りやすいです。

しかし、パーツの多さと、小さく細かい部品もあるため、爪切りでは対応しきれなくなってきています。

子供と一緒に製作を始めるのに失敗はしたくありません。

しかし、ほんのちょっとの知識さえあれば、子供とコミュニケーションを取りながら一緒に製作を楽しむことができます。

そこで、最初に必要になる知識が、ニッパーという存在です。


スポンサーリンク
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1761296876843797"
data-ad-slot="1701418858">




ガンプラ初心者のニッパー


ニッパーなら「家にもあるよ」と言っても、電工ニッパーでは狭い部分に刃先が入り込まないため使いづらいです。

狭い部分のパーツを切り離したいので、プラモデル専用のニッパーが必要になってきます。

ニッパーにも種類や値段がいろいろあるので、価格の安いものから人気のものまで数点をまとめてみました。

ミネシマ ベビーニッパー D-1



ミネシマ ベビーニッパー D-1

低価格でサイズも小さく使いやすいです。

サイズが小さいために、太い部分や硬い部分には少し力がいります。

ガンプラを始める第一歩として人気があります。

タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー



タミヤ クラフトツールシリーズ No.35 薄刃ニッパー 74035

モデルメーカーのタミヤ製なので、多くのモデラ―が愛用しています。

初心者をはじめ、様々なモデラ―が愛用しているニッパーです。

初心者セットのバージョンアップために購入する人も多く、その切れ味に感動します。

そのほかのタミヤ製品


タミヤ クラフトツールシリーズ No.93 モデラーズニッパー アルファ74093

ゴッドハンド アルティメットニッパー5.0



ゴッドハンド アルティメットニッパー5.0 プラモデル用工具 GH-SPN-120

価格は高めですが、価格相応の切れ味で好評です。

刃先が滑るように入っていき、ほぼ音もなく切れる優れものです。

切れ味も抜群で、切った後のプラスチックの断面に白い跡があまり残らずカットができます。


ニッパーの種類もいろいろありますが、基本はほぼ一緒で、高いか安いか、使用頻度はどのくらいかで決められると思います。

とりあえず、試しにという場合と、これからも楽しみたい場合で変わってきますが、子供と一緒に楽しむには、それぞれ一本ずつ自分専用が必要になります。

それと、レベルが上がれば上がるほど、パーツは細かくなっていき、子供からは「このパーツが付かない」とか言われ、頼られたりします。

そんなときに、お父さんに絶対に必要なアイテムが老眼鏡です。

私は最近、近いものが見えなくなってきて、老眼鏡も必要な道具として一押しでおすすめします。